お風呂上りの肌はなぜ白い

お風呂で肌を白くする方法!入浴中に新陳代謝を高める方法とは?

お風呂で肌が白くなるのはなぜ?

お風呂上りの肌がいつもより白いと感じる人は多いはず。

 

しかし、時間が経つにつれていつも通りの色に戻ってしまうため、がっかりする人も多いのではないでしょうか?

 

入浴のタオル

 

お風呂上りの肌が白くなるのは肌に水分を含んでいるから!

 

肌は水分を含むと透明感がアップするため、結果として色が白く見えます。ですが時間が経つにつれて水分は蒸発するため、入浴後少し時間が経つとまたいつもの状態に戻ってしまうのです。

 

しかし、実は入浴と美白は深い関係にあります。美白を目指す人は、普段の入浴を見直してみることがおすすめです。

 

肌を白くするには新陳代謝を高めること

 

美白効果を高めるには、入浴中の新陳代謝をアップさせることです。

 

シミなどの原因となるメラニン色素を体の外へ排出させるためには血行を良くすることが大切です。入浴によって血行を良くして新陳代謝をアップさせることで、体内の余計な老廃物が汗となって排出されます。

 

入浴中のマッサージが効果的

 

入浴中にマッサージすることで新陳代謝アップの効果が期待できます。ただ湯船に浸かっているだけではもったいないです。

 

足の指や足首を回したり、手首を回したりと、リラックスしながらゆっくりとマッサージすることで、むくみなどの解消効果も期待できます。

 

また炭酸ガスが入った入浴剤を使用することもおすすめです。

 

入浴後のスキンケアも大切です

 

さらに美白に欠かせないのが、入浴後のスキンケアです。肌はしっかりと保湿をすることで透明感が生まれます。

 

そこでおすすめなのが、保湿力の高い化粧水や美容液です。化粧水や美容液はケチらずにたっぷりと使用するようにしましょう。

 

肌を必要以上にこすらないように注意し、優しく押さえるようにつけることが大切です。一度で全てつけようとせずに、何度かに分けてつけることによってもっちりと潤った肌になることができます。

 

また、美白成分が含まれたスキンケア用品ももちろんおすすめです。さまざまな商品があるため、自分に合ったものを探してみましょう。

 

美白効果の期待できる化粧品ランキングはコチラ!

このエントリーをはてなブックマークに追加