日焼け止めのアレルギー反応

日焼け止めにもアレルギー反応!保湿のスキンケアで美白を取り戻した

日焼け止めにもアレルギー反応!スキンケアは保湿重視

白く美しい肌は、美容に気を遣う女性の永遠のテーマですよね。

 

私が肌について意識し始めたのは、中学生の頃です。

 

部活や体育大会で真っ黒に日焼けするのが嫌で、日焼け止めを使い始めました。当時はニキビなど肌の悩みがなかったので、スキンケアは普通の洗顔と化粧水程度でした。ただ、日焼け止めだけは気にして使っていましたね。

 

洗顔

 

その後メイクをするようになり、逆にニキビや肌荒れ等のトラブルを抱えてしまうようになりました。日焼け止めにも軽いアレルギー反応を示すようになって、美白どころではなくなってしまったんです。

 

美白には憧れてましたが、それよりまず肌荒れを治すスキンケアに重点をおくことにしました。

 

不摂生だった生活を見直し、スキンケアは保湿をメインにしました。とにかくみずみずしい潤いを保つように心がけていたところ、思いがけない効果がありました。

 

美白を意識してケアしていたわけではないのに、だんだん透明感が出て肌が明るくなってきたんです。特にホワイトニングアイテムは使っていなかったにも関わらずです。

 

美白というのはただ白ければいいわけではなくて、潤いと透明感が重要なんだと実感しました。それからは潤いのある白い肌を目指して、保湿と美白の両方を意識するようにしました。

 

メイクはなるべく薄くしたかったので、UV効果の高い下地とお粉を使いました。

 

スキンケアで注目したのは、お酒や酵母、お米成分の化粧品です。酒造りをする杜氏さんの手が白くて美しいというのは有名な話ですよね。

 

さらにセラミドなど保湿成分がしっかり入っている化粧品を選ぶようにしました。そういった化粧品で地道にスキンケアを続けていたところ、特に美白を謳っている商品ではないのに、ニキビ跡やソバカスにも効果を感じました。

 

今はスポット的なホワイトニングエッセンスも併せて使用しています。肌荒れしている期間が長かったためまだまだ美白肌には程遠いですが、少しずつ改善していけたらいいなと思っています。

 

白く美しい肌を手に入れるためには、まず肌を柔軟にし深い潤いを与えることが何より大切なんだと感じました。

このエントリーをはてなブックマークに追加